本場韓国キムチの製造と韓国食材販売のコーライ食品株式会社

06-6756-9520

まずはお問い合わせください。コーライ食品株式会社
  • ホーム
  • 会社案内
  • 美味しさのこだわり
    • 作業工程について
    • 製造方法について
    • 唐辛子について
    • 野菜について
  • オンラインショップ
  • 商品一覧
  • お問い合わせ

キムチができるまで

コーライ食品のキムチができるまでの工程をご紹介します。

本場韓国の味を再現するため、伝統的な手法で全工程を行っております。
時間と手間をかけた丁寧な作業で、キムチの美味しさを最大限に引き出しています。
コーライ食品は本場韓国キムチの味を再現するために、機械だけに頼らず、伝統の漬け込み手法で各作業行程を行っております。創業時から作り続けている本場の白菜キムチは、白菜の葉一枚一枚に丁寧に塩漬けを行うところから始めます。
その後、丸一日漬け込みタンクに寝かせます。
塩漬け後は、コーライ食品オリジナルのヤンニョンジャンを白菜の葉一枚一枚に手作業で丁寧にぬり込みます。
それをタルに漬けなおし、熟成させるのです。

【キムチの製造工程】
白菜入荷→半割り→洗浄→塩漬け→タンクに漬け込む→脱塩洗浄→水切り→たれ塗り→タル詰め→熟成→包装

【ヤンニョンジャンの製造工程】
かつおだしを炊く→唐辛子を入れる→撹拌→冷却→各種調味料添加→混合・撹拌→冷蔵保管・熟成 かつおだしを炊く→冷却→ニンニク・生姜・アミエビを混合・撹拌

白菜の切り分け作業

季節が変わるたび、その時期に最も美味しい地域から仕入れた白菜を半分に切り分けます。安心してお召し上がりいただけるよう、二度にわたり丁寧に洗浄作業を行っています。 洗浄後の白菜は清潔なコンテナに移され、塩漬け作業場に移動します。

塩漬け作業

塩漬け作業はキムチの味を左右する重要な工程です。 本場・韓国の味を再現するため、独自の製法で丁寧に塩漬けします。 コーライ食品の塩漬けは一晩だけです。 これは新鮮な白菜の味を十分に味わっていただくため。 このときに重要なのは、手作業で白菜の葉と葉の間に塩を入れ込むことです。 一枚ずつの間に塩を丁寧に塗り込んで白菜の甘みを封じ込めるとともに早く味を しみ込ませることで、素材の鮮度を保ち、美味しいキムチができ上がるのです。 翌日、塗りこんだ塩を水洗いし、タレ漬け作業に移ります。 コーライ食品では、この韓国式の伝統の塩漬作業を忠実に守り、実行しています。 機械化が進んでも、この方法だけはいまだに人の手作業に頼るしかないのです。

漬け込み作業

本場韓国仕込みの、手作業によるキムチ作りの基本です。 塩漬け作業と同じく白菜の葉の一枚ずつに、丁寧にヤンニョンジャンを ぬり込んで、タルに詰めかえます。漬け込むタレにもこだわり、韓国産の ヤンニョンジャンを自社工場で混ぜ合わせています。 漬け込み作業が完了したら、当社自慢の本場韓国キムチの完成です。 味を熟成させるために低温冷蔵庫(2℃)で1日冷蔵し、パック詰めしております。 大量生産ができない、本当の手作りの味を存分に味わっていただくため、 非効率ですがこの方法でキムチ作りを続けています。作り手の味=キムチの味と なるので、熟練した作業者のみがこの方法で作り続けています。 オモニ(おかあさん)の味です。

06-6756-9520

お問い合わせはこちら サンプル食品をご希望の方はこちら

pagetop